7年間悩んでいた脊柱管狭窄症の原因が・・まさか・・・

5分歩いたら腰と殿部が痛くてしゃがみ込まないと我慢できない。」
「最近では家の中を少しウロウロするだけで痛みが出てくる。」

と訴える50歳代男性の患者様

7年前に整形外科で脊柱管狭窄症と診断されて、
それ以来ずっと薬を飲み続けているそうです。

しかし、症状はいっこうに改善していないそうです。
むしろ悪化しているとのこと。

問診・検査の結果、

「片側の股関節の可動域制限」「骨盤のずれ」

そして「かかとの関節のずれ」

が主な原因であると診断しました。

それらを調整すると、しばらくの間は痛みも軽減されて
調子も良かったみたいなのですが、

「どうもまだスッキリしない・・」

「前よりは長く歩けるけど、右のお尻だけが張ってくる」

再度全身を検査みると、片側の肩甲骨がすこしずれていました。

患者様にも肩の高さなど確認してもらい、

原因を探ると、

「そういえば、テレビを観る時はいつも横向きに寝転んでいる。」

しかも、常に同じ方ばかり下にしているそうです。

生活指導をさせていただき、再び肩回りを含めて全身を調整。

結果、痛みも違和感もほぼ無くなりました。
「ずっと飲み続けて薬はなんだったのか・・」
とおっしゃってました。

脊柱管狭窄症と病院で診断されても、
体のゆがみを調整することで改善できる痛みもあるのです。

薬を飲み続けているが改善がみられず悩まれている方は、お気軽にご相談ください。

「足から歪みを根本改善 足専門施術」
たけむら整骨院
大阪市住之江区安立3-9-12

The following two tabs change content below.
竹村誠司

竹村誠司

足専門整体【たけむら整骨院】の院長。 「痛みなく正しく歩く」をとことん追求し続けます!
竹村誠司

最新記事 by 竹村誠司 (全て見る)