かかとが痛い!なぜ痛いの?これって治るの?足の専門家が教える「まずやるべき2つの対処法」

朝起きた直後の一歩目、足を着いた時にかかとに痛みが走りますか?これは40代以降の女性によく見られる症状で、この痛みには原因と対処法があります。

ほったらかしにすると悪化して、毎朝ズキッとくる痛みだけではなく、日中もずっとその痛みと付き合わなければなりません。もうこれ以上、この痛みを耐えるのは絶対イヤですよね。

しかし、ひどくなる前にきちんと対処することで、ほとんどの痛みは取り除くことが出来るので、ぜひ参考にして下さい。

そもそも「かかとの痛み」の正体とは?

  • 朝起きた直後の一歩目に足を着いた時
  • 長時間座っていた後に歩き出した時
  • フローリングなど硬い床を歩いた時

このような時に「かかとに痛み」がある人は、ほぼ間違いなく「足底筋膜炎」でしょう。この痛みは鋭くズキッと刺すような痛みが特徴で、かかとに体重が乗った瞬間に激痛が走る本当につらい症状です。

もしかしたら、私もそうかも?と思った人はかかとの裏を押してみて下さい。ズキッと痛い場所があれば、さらに高い確率で「足底筋膜炎」です。

初期症状のうちは、痛みが出ても知らぬ間に消えていたり、何歩か歩いたら痛みが軽減することが多いというのも特徴です。

しかし、痛みが自然に消えたからといって、この状態をほったらかしにすると危険です。

段々と痛みが取れづらくなって、今までは起床後10分だけの痛みだったのに、それが30分、1時間と増えていき、しまいには午前中ずっと痛い、歩くたびに痛い、となっていきます。

そして、かかとの骨に変形を起こしてしまう事もあり、これは決して稀なケースではありません。痛くない方の足と比較すると、かかとがひと回りほど大きく腫れた感じがする事もよくあります。

なぜ足底筋膜炎になってしまうのか・・原因は?

足底筋膜炎で痛みの出やすい箇所は、かかとの裏から内側です。

まず、足底筋膜とは足裏の指の付け根からかかとまで扇状に張った膜状の組織のことです。この足底筋膜がピンと張ることによって、足のアーチ(わかりやすく言うと、土踏まず)は支えられています。

しかし、加齢や運動不足が原因で、アーチが落ちてきて扁平足になったり、足底筋膜と繋がりのあるアキレス腱の柔軟性が低下してくると、かかとの骨と足底筋膜の接合部分が無理に引っ張られて炎症や微小断裂を起こしてしまうのです。

あるいは、まったく逆の原因で、スポーツ(特に長距離のランニング)や長時間の立ち仕事などによる足の過労状態が続くことでも発症することもあります。

姿勢歩き方が悪い方は、これら原因の影響を強く受ける傾向にあります!

足底筋膜炎はすぐに治るの?

一般的な治療として、消炎鎮痛のため痛み止め薬やシップ。痛みが強い時には、局所へのステロイド注射。または、かかと部分のクッション性を高めたインソール(くつの中敷き)。2008年以降には体外衝撃波による治療法も出てきました。

しかし、薬やシップでは痛みが全然変わらなかったり、くつにインソールを入れると逆に痛い箇所に当たって、余計に痛くなるという方もおられます。(インソールを使用する場合は、まず体全体の歪みを整えてからの方が効果があります)

仮に痛みがマシになったとしても、これらはどれも表面的に出ている炎症や痛みを抑えているだけに過ぎません。

炎症や痛みが無くなっても、アキレス腱やふくらはぎの緊張による筋膜のつっぱりや足のアーチの崩れによる骨格の歪みがあれば、再発するか、膝や腰など足とは離れた部位に違う痛みとなって出てきます。

かかとが痛くなったら、まず何からしたらいいの?

そこで、まず自分で出来るセルフケアとして、2つだけやって欲しいことがあります。

①ふくらはぎストレッチ

ふくらはぎのストレッチをすることによって足底筋膜が緩みます。
  1. かかとが痛い方に足を後ろにして、前後に足を大きく開いて立ちます。(注意:左右のつま先は真っすぐ正面を向くようにする)
  2. 前方の足の膝を曲げていき、肘を伸ばして壁に両手をつけます。
  3. 後方の足の膝は伸ばしたまま、かかとは浮かないように床にしっかりと着けます。
  4. 両手でしっかりと壁を押して、後ろ足のふくらはぎがピンと伸びていることを意識する。
  5. この状態をじっとキープしながら、深呼吸を大きく3~5回行う。(注意:かかとを上げ下げして反動をつけない)

②足裏マッサージ

足底筋膜を緩めます。ただし、痛い部分は直接押さないで下さい。
  1. 両親指を重ねて土踏まずを押し込む。
  2. 土踏まずを押し込んだまま、親指を前後方向に揺らすようにマッサージする。
  3. 少しずつ親指の位置をずらしながら、1分程度土踏まず全体をマッサージしていきます。(注意:かかとの痛い部分は絶対に直接押さない)
  4. 握力が弱くて疲れるという方は、テニスボールを足裏で踏んでコロコロ転がす方法でも同じ効果が得られるので試して下さい。

症状が比較的軽いものであれば、この2つのセルフケアを1日3セット一週間続けてもらうだけで、かなり改善されるので是非実践してみて下さい。

もし、このセルフケアで痛みがほとんど改善されなければ、足首や骨盤などの骨格的な歪みや身体の軸のズレが根本的な原因として潜んでいます。そのような場合は専門的な施術が必要となってきますので、お気軽に一度ご相談ください。

まとめ

朝の歩き出しにかかとが痛い40代以降の女性は「足底筋膜炎」の可能性が極めて高いです。

昼には痛みがなくなったり、薬やシップで一時的にマシになるけど、数日するとまた痛くなるという方は、そのまま放置すると膝や腰などに二次的に痛みが出てくる事もあるので、是非今回ご紹介した2つのセルフケアを実践してみて下さい。

1日でも早くかかとの痛みから解放されて、気持ちよく毎朝を迎えましょう!

1日でも早くかかとの痛みから解放されて、気持ち良く毎朝を迎えましょう!

The following two tabs change content below.
竹村誠司

竹村誠司

足専門整体【たけむら整骨院】の院長。 「痛みなく正しく歩く」をとことん追求し続けます!