変形性膝関節症

つらい膝の痛み・・

病院やマッサージに行っても良くならないあなたへ

このようなことでお悩みではありませんか?

  • 膝の内側が痛い
  • もう膝に注射をしたくない
  • 軟骨がすり減っていると言われた
  • 階段の昇り降りがつらい
  • 仕事でしゃがめないので困る
  • 歩いていると徐々に膝が痛む
膝の痛みの原因は?

当院に来院される膝痛患者様の原因のほとんどは、
軟骨の一部がすり減って、その軟骨の下層にある膝本体
そのものの骨に変形が生じ始めている事によるものです。

この状態を放っておくと骨がどんどん変形していき、
膝が曲がって伸びなくなってO脚になります。

変形してしまった骨は手術をしない限り絶対に元には戻りません。
こうなる前に何とかしないといけないのです。

 

なぜ膝の痛みを放置してしまうのか?

「軟骨がすり減るから痛い」
よく耳にしますが、これ間違っているのです。

実は、軟骨には痛みを感じる神経がありません!
軟骨がすり減ることによる痛みは出ないのです。

軟骨がすり減り続けて、すり減った箇所の底にある骨本体に
圧迫がかかると痛みが発生するのです。

初期症状では、軟骨のすり減りがごく狭い範囲にしかみられません。
この狭い範囲にのみ圧迫がかかった時に痛みが出るので、

「イスから立ちあがる時だけ痛い」
「歩き始めだけ痛い」

こう訴えられる患者様が非常に多いです。

“○○の時だけ痛い”

これが曲者で、膝の痛みを放置してしまう最大の原因なのです。

常に痛いわけではないので放置する。

「またそのうちに治るだろう」
「いつの間にか気にならなくなった」

 放置すると、軟骨のすり減る範囲がだんだん広くなる。
広くなると、痛みの出る動作が増えてくる。
すると炎症がひどくなり、じっとしていても痛い。

虫歯の初期症状ととてもよく似ています。
早く治療しておけば、すぐに治るのに
あまり痛くないので放置する。
重い腰を上げて歯医者さんに行くと
虫歯が悪化していて、神経を抜く治療をしなくてはならない。

膝も同じで、 骨の変形もあっという間に進み、
最終的には人工関節などの手術をしなくてはならなくなります。

 

たけむら整骨院は足専門治療に特化しています!

膝の痛み治療は、膝の関節だけではなく、
足首や股関節を中心に全身のゆがみを整えていく必要があります。

膝の軟骨がすり減るということは、関節がずれたり、傾いたりするからです。
このずれや傾きは膝関節そのものに原因があることはほとんどありません。

患者様の姿勢や歩き方、動きのくせを正しく再教育していき、
正しい体の使い方ができれば、痛みが取れていきます。

たけむら整骨院では、膝の痛みでお困りの患者様に対して、
痛みだけを改善するだけでなく、日常生活や仕事・趣味などの
背景を考慮して、痛みが出ない体作りを目指して根本的な施術
行います。

【施術実例】
レントゲン、MRI検査でもわからなかった膝の痛み
もうあきらめた!変形性膝関節症の痛み
ひざの痛みが治らないのは10年来の腰痛が原因??

The following two tabs change content below.
竹村誠司

竹村誠司

足専門整体のたけむら整骨院の院長。
竹村誠司

最新記事 by 竹村誠司 (全て見る)