たけむら通信 2020・10月号

こんにちは!院長の竹村です!

秋が深まる季節となってきました。この時期は1年間で最も過ごしやすい季節でもあります。読書の秋、スポーツの秋、芸術の秋…個人的にも、できる範囲で“一歩踏み出す秋”になれば良いなぁ思います。

さて、今年は残念ながら東京オリンピックが延期になってしまいましたが、7月24日が「スポーツの日」として祝日でした。実はこれ、10月の「体育の日」が移動したものだって知っていましたか?2020年から、体育の日がスポーツの日に改名されました。また、今年に限り、スポーツの日はオリンピックに合わせて7月に移動になりましたが、来年からは10月の第2月曜日に戻るとされています。そのため、今年は10月の祝日がありません。さらに来年以降も体育の日はスポーツの日という祝日に変わりましたので、覚えておきましょう。

変わる衣替えの形…衣替えの手間を省く方法

学校の制服の夏服から冬服への衣替えは、10月1日というのが一般的でした。しかし近年、衣替えのこの時期にはまだまだ残暑のような暑さが続いていることも多く、日にちを定めずに様子を見ながら徐々に冬服へ移行するなど、衣替えの形も変わってきています。自宅での衣替えの作業も、暑かったり寒かったりで、いつ行えば良いのか悩むことも多いですよね。この面倒な衣替えの手間を省くには、やはり服の量を減らすこと。衣替えがほとんど必要ない、最低限の服だけを持つ「ミニマリスト」の考え方は、この時期になると特に注目されます。衣替えのタイミングで、思い切って手持ちの服の必要性を、改めて見直してみるのも良いですね。

パジャマにストライプ柄(縦じま)が多い理由

寝る時のパジャマ、どんなデザインのものを着ていますか?着古した洋服をパジャマとして使っている人も多いかもしれませんが、やっぱり寝る時用に作られたパジャマの方が、寝心地が良いように思います。ところで、パジャマのデザインでよくあるのが、ストライプ(縦じま)のもの。パジャマにストライプ柄が多いのには理由があって、夢の世界に邪悪なものが入ってこないように、格子(こうし)でブロックするという意味が込められているそうです。特に海外の映画などで、ストライプ柄のパジャマをよく目にします。嫌な夢ばかり見る人は、ストライプ柄のパジャマを着て寝れば、良い夢が見られるようになるかも!?

ビタミン・食物繊維・うま味成分たっぷりのエノキタケ!

天然物のエノキタケは、晩秋から冬の寒い季節に旬を迎えますが、私たちが普段スーパーなどで見かける白いエノキタケは、ほとんどが人工栽培のため、1年中安定して流通しています。しかし、旬がないとはいえ、流通量が最も増えるのは、鍋の具材としての需要が高まるこの時期。日本の栽培きのこの生産量で、最も多いのがエノキタケです。
低カロリーかつ食物繊維を豊富に含むエノキタケは、ダイエット中にもたくさん食べられる嬉しい食材です。また、ビタミンB1・B2・D・ナイアシンなど、ビタミン類もたっぷりと含まれています。さらに、エノキタケに含まれるグルタミン酸は、うま味成分としても知られ、料理の味を引き立たせる役割をしてくれます。そのため、エノキタケは様々な料理に重宝されるのです。鍋だけでなく、エノキタケの色々な食べ方を楽しみましょう。

日常的な「イライラ」をコントロールしてみよう

イライラせずに、穏やかに過ごしたい…。普段ちょっとしたことでイラっとすることが多い人は、客観的に、その時起きたことや感情を日記に書き出してみましょう。何にイラっとしたか、その時のイラっと度合いを○%で示す。これを続けることで、本当に怒るべきことだったか?イラっとせずに済んだかもしれない、などの傾向や対策、対

処法などが見えてきます。

急に感情的に怒りそうになった時は、いったんその場から離れる、6秒間数えて冷静になるなどの方法で、爆発的な怒りを静めることができるかもしれません。「イライラを防ごう」という意識が、穏やかに過ごせる毎日につながっていくはずです

The following two tabs change content below.
竹村誠司

竹村誠司

「足専門家」たけむら整骨院の院長
人間の土台である足が歪むと、全身が歪み、身体にさまざまな痛みや不調が現れます。足が整うと全身が整う。痛みや不調に悩まれている方が地元大阪だけではなく他府県からも来院。 足専門家として講師としても活動。Amazonランキング1位(3部門)の「足から滅びる」著者。