たけむら通信 2018・6月号

たけむら通信 2018・6月号

2018.06.27

こんにちは!院長の竹村です!

早くも1年の折り返し地点へとさしかかりました。少し前に新年を迎えたと思ったら、気付いたらもう6月!時間が経つのは早いですね!

さて、6月といえば梅雨本番の季節。雨の降る日が多かったり、それでいて気温も高く毎日ジメジメベタベタとする梅雨が好きという人はあまりいませんよね。でも、雨に打たれるアジサイの美しさは、この時期ならではです。アジサイといえば日本の花というイメージを持っている人が多いようですが、よく見かける一般的なあのアジサイは実は西洋アジサイです。日本原産のアジサイはガクアジサイといい、小さな花の束のまわりに西洋アジサイと同じ装飾花が咲いている形のアジサイになります。

ちなみにアジサイの花言葉は、成長に合わせて色を変化させることから「移り気」や「浮気」という言葉になったそうですよ。

カタツムリはナメクジの殻付きではない!

梅雨の時期によく見かけるカタツムリ。実は性別がない雄雌同体という生物で、1匹で雄と雌の両方の機能を持っており、2匹いれば繁殖が可能です。カタツムリの殻を取ったものがナメクジであるなどと思い込んでいる人もいるようですが、カタツムリとナメクジは別物です。カタツムリが殻を失うという進化をして生まれたのがナメクジなので、カタツムリの殻を取ったからといってナメクジになるわけではありませんよ。

ちなみに、カタツムリは生まれた時から殻を身に付けています。そしてなんと、カタツムリには歯がびっしりと1万本以上も生えているんだとか!凍らせても解凍すれば動き出すなど、カタツムリって知れば知るほど不思議な生き物です。

 

サッカーワールドカップ、優勝賞金はいくら?

今年は4年に1度のサッカーのワールドカップイヤー!6月14日からロシアにて約1カ月間にわたりサッカーワールドカップが開催されます。日本でも日に日に興奮が高まり、日本選手の活躍を期待せずにはいられません!

ところで、サッカーワールドカップにおける今大会の分配金は約900億円と過去最高額になっています。そのうち約半分の455億円ほどが成績に応じた賞金に使われますが、優勝国には約43億円、準優勝国で約32億円、3位が約27億円、最もランクの低いグループステージ敗退国にも約9億円が支払われることになっています。

そのほかに大会準備費なども支給され、出場国は最低でも約11億円の分配金が保証されているようです。

きゅうりを食べて夏バテ対策&ダイエットに!

代表的な夏野菜の一つでもあるきゅうり。冷やしてそのまま食べるシンプルな食べ方を毎年この時期に楽しみにしている人も多いはず!

しかし、きゅうりといえば、「最も栄養価の低い野菜」としてギネスブックにも載っているといいます。確かにきゅうりは90%以上が水分で、ビタミンやカリウムなどの栄養を含んでいますが、その含有量は非常に低いと言えます。

だからといってきゅうりを食べても意味がないとか、そんなことは全くありません。きゅうりには熱を下げて体を冷やす効果や、水分補給に役立つなどのメリットがあります。

さらに非常に低カロリーかつ脂肪分解酵素が含まれているため、ダイエットにも最適な食材なのです。夏の暑さに負けない体づくりのために、きゅうりの力を借りて元気に夏を乗り切りましょう!

カフェインの効果と摂りすぎによる体への悪影響

摂りすぎると体に良くないことで周知されているカフェインですが、適度にカフェインを摂取することは決して悪いことではありません。カフェインには、眠気を覚ます、集中力をアップさせる、リフレッシュ効果を得られる、脂肪燃焼酵素(リパーゼ)を活性化するなどの嬉しいメリットもあります。

カフェインそのものが悪者なのではなく、日常的に摂りすぎてしまう習慣が、胃腸や内臓を弱らせる、片頭痛を起こす、肩こりや腰痛を悪化させる、不眠や睡眠障害につながる、疲れているのに気付けなくなる、気分が不安定になるなどの症状の原因となってしまうのです。

最近ではカフェインレスやノンカフェインの飲み物も多く出回っていますので、これらの不調に悩んでいる人は一度カフェインを控える生活をしてみましょう。