かかとが痛い!かかとの骨に棘(とげ)が?足底筋膜炎?

「イスから立ち上がる時に右かかとが痛い

歩いていても右かかとが痛くなる」

「外出もできなくなり、仕事も1ヶ月間休むことになった」

と50代女性。

一体どうすれば、かかとの痛みが取れるの?

痛みもだんだん強くなっているし、
このままだと歩けなくなってしまうと思い、
インターネットでいろいろな情報を探していたところ
当院の【足専門施術】を知って、予約をとって来院されました。

この右かかとが痛い症状は1年前からあったようです。
当初はたまに痛くなる程度で、痛みが出ても次の日には治まっていた。

半年ぐらい前から痛みが治まりにくくなり、
鍼やマッサージなどの施術を継続的に続けたが、変化なし・・・。

痛みがひどくなってきているので、一度整形外科を受診。

レントゲンを撮ってもらった結果、
右かかとの骨に骨棘ができていたとの事。

(詳しくはこちら→足底筋膜炎

そこで、その整形外科でインソール(靴の中敷き)を作製してもらったが、
これもまた改善されず・・・。
むしろ、インソールの一部が患部に当たって余計に痛くなる。

ざっと今までこういう経緯だったそうです。

どうして、かかとの骨に棘(とげ)ができるのか?

かかとの骨に骨棘ができているという事は、
足の裏に過剰に負担がかかっているはずなので、
まずは立ち方を確認。

すると、

足首の軸がズレて、かかとの骨が傾き
土踏まずも崩れていました。

この状態では右半身がバランスを取って歩くことが出来ず、
右足だけ足裏の足底筋膜に過緊張が継続的に起こります。

これが原因でかかとの骨に骨棘ができてしまっていたのです。

『根本改善整体』で、かかとの痛みから解放されましょう

さらに詳しく検査を進めていくと、
足首の軸のズレが影響して骨盤にもゆがみが出ていました。

骨盤とかかとを身体の深部で繋いでいる筋膜をリリースしていき、ゆがみを調整。

この段階でイスから立ち上がる時の痛みはほぼ消失したが、
歩くとまだ痛みが出現するとの事。

そこで、歩行時に崩れやすかった右半身のバランスを調整するために
体幹などのインナーマッスルに正確な動きをインプットさせていきました。

すると、

「歩いてもかかとの痛みが気にならなくなった」

「仕事にも復帰できるようになった」

このいい状態を維持させ、症状を逆戻りさせないために
今現在の足に合わせてインソールも作製しました。

これからは健康のためにウォーキングも始めたいとのことです。

かかとの痛みや足底筋膜炎でお悩みの方、まずはお気軽にご相談ください。

「足から全身を根本改善 足専門施術」
 たけむら整骨院
大阪市住之江区安立3-9-12

The following two tabs change content below.
竹村誠司

竹村誠司

「足専門家」たけむら整骨院の院長
足の痛みや腰痛がよくならず悩まれている方が地元大阪だけではなく他府県からも来院。 足専門家として講師としても活動。Amazonランキング3部門1位の「足から滅びる」著者。