どうして足がつるの?|3つの原因とつった時の対処法

  • 「寝ていると朝方に足がつって激痛で目が覚めた
  • 運動中に足がつって動けなくなった」

こんな経験をした方は多いと思います。
最近、うちの院に通われている方からも非常によく聞きます。

その時に決まって質問されるのが、

「なんでつるの?」「何が原因なの?」「つった時はどうするのがいいの?」

yjimageogbh3v09

だいたいの場合は数分もすれば治まるので、そのまま放置してしまいます。
たまにならそれでいいですが、頻繁に足の指がつったり、こむら返りを起こす場合は
しっかりと原因を取り除いて、予防をしていく必要があります。

そこで今回は、足がつる3つの原因とその対処法をお伝えします。

足がつる3つの原因

①筋肉疲労

立ち仕事や過度の運動などで足の筋肉が緊張した状態が長時間続いたり、血行不良が起こると、
筋肉が伸びたり縮んだりしていることを脳に伝えるセンサーが正常に働かなくなります。

yjimageimf775p6

そうすると、脳が筋肉に対して適切な指令を出すことが出来なくなって、
筋肉がすでに収縮状態であるのにも関わらず、さらに「縮みなさい」と命令してしまい、足がつってしまうのです。

また、高齢者は加齢や運動不足で筋肉が衰えて血行不良を起こしやすいため足がつりやすいと言われています。

②水分不足

筋肉を正常に保つためには、カルシウムやナトリウム、マグネシウムなどのミネラルのバランスが非常に重要になってきます。

yjimage6u7xdy9f

ミネラルは、睡眠中や運動による発汗で水分とともに排出されます。
発汗により筋肉のミネラルのバランスが崩れると、筋肉疲労を加速させ、さまざまな体調不良も起こりやすくなり、足がつるという症状もそのひとつです。

就寝前や運動中の水分補給は欠かさないようにしましょう。
また、夏場の熱中症や冬場の乾燥による脱水状態でも急に足がつったりすることもあるので注意して下さい。

③冷え性

「冬になると足がよくつる。」「足先が冷えると足がつってくる。」
これらの原因は血行不良であることがほとんどです。

yjimage9yt5idwp

血行不良により足先に十分に栄養が遅れない状態となると、
足の筋肉の機能は低下して、伸長と収縮のタイミングにずれが出て、思いもよらない瞬間に足がつったりしてしまいます。

また一説によると、筋肉の血行不良が起こると
運動時などに筋肉内の血管に放出される乳酸などの疲労物質が、流れていかず、その場にずっと滞ってしまいます。

ヒトは本能的にこれを緊急事態と認識し、乳酸が滞っている筋肉を一気に収縮させて、その乳酸を血流にのせて流そうとするそうです。

足がつった時の対処法

①全身の力を抜く

足がつると激痛とともに筋肉も硬くなってしまうので、
全身に力が入ってしまいがちになります。
これでは、つった筋肉も元に戻りにくくなってしまいます。

yjimage2x2ofi0m

少し痛みに耐えながら、ひざ下に枕を入れるなどして、
力が抜けるようなポジションを探し安静を保ちましょう。

この時のポイントは、大きく深呼吸することです。
深呼吸すると、力も抜きやすいですし、血中の酸素濃度も上昇するので、つった足を早く回復する条件が整いやすいのです。

②ストレッチをする

ある程度痛みが治まってきたら、ゆっくりじわっとストレッチをします。
痛みがきついうちに無理にストレッチをすると、
かえって筋肉の収縮が強くなって筋肉や腱を傷つけてしまいます。

%e8%b6%b3%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%812

ストレッチに加えて、ふくらはぎを両手で包み込み、
マッサージするように上下に動かしてあげると、
血流が改善されやすくなって、症状が治まりやすくなります。

③つま先立ちをする

「全身の力を抜いても、ストレッチしても全然治まらない。」

こんな時は、なんとか立ち上がってつま先立ちをする。
少々手荒な感じはするでしょうが、これが意外と効果的です。

yjimage9uvevk6z

ストレッチは筋肉を伸ばすために行いますが、
この方法は逆に筋肉を縮めてあげるのです。
筋肉を縮めてあげることにより、伸長と収縮のタイミングを正常化させるきっかけを与えることができます。

激痛でなかなか立ち上がることが出来ないかもしれません。
もし立ち上がれないのであれば、壁に足の裏を当てて、
つま先立ちの要領で足に力を入れて下さい。

そうすると、ふっと筋肉が和らぐのを実感してもらえると思います。

まとめ

足がつる原因には、誰にでも起こる可能性があることがわかりました。
ただ運動不足などの生活習慣を改善させるだけで、筋肉の状態を正常に
保つことが出来ます。

yjimage6u9kmxvk

足がつるのは筋肉が危険な状態を知らせてくれるサインです。

頻繁に起こるようであれば、血流を改善させるために骨盤などの
骨組みを調整していく必要があるケースも多いです。

そういう時は痛みが少なくても放置せず、しっかり根本改善していきましょう。

頻繁に足がつってお困りの方は、お気軽にご相談ください。

きちんと改善することで日常生活の効率化やスポーツのパフォーマンス向上にもつながります。

「足から歪みを根本改善 足専門施術」
 たけむら整骨院
大阪市住之江区安立3-9-12

The following two tabs change content below.
竹村誠司

竹村誠司

足専門整体【たけむら整骨院】の院長。 「痛みなく正しく歩く」をとことん追求し続けます!
竹村誠司

最新記事 by 竹村誠司 (全て見る)