モートン病が治らない・・原因は足裏だけじゃない?

モートン病が治らない・・原因は足裏だけじゃない?

2018.02.12

「病院、マッサージ、鍼灸院・・半年間どこに通っても
足指のつけ根の痛みとしびれが治らない」

 

 

こんにちは。大阪市住之江区安立、阪堺線 我孫子道駅前、
天王寺 阿倍野からもチンチン電車でたったの20分
『足の歪みから全身を根本改善』のたけむら整骨院です。

 

 

こう訴えて、病院で“モートン病”と診断された
60代男性が来院されたのは3ヶ月前でした。

趣味はゴルフとウォーキング。
ゴルフは月2~4回、ウォーキングは1日20,000歩。
かなりの運動量ですね。

 

痛みとしびれがあっても
治療を受けていた安心感から 
はじめの3ヶ月は我慢しながら
ゴルフもウォーキングも続けていたそうです。

しかし、とうとうどちらも出来なくなるぐらい
足裏の指のつけ根の痛みとしびれが日に日に増してきた。

 

病院でインソールを作り電気治療を受け、
整骨院でマッサージ、
鍼灸院で鍼治療を受けていたのに・・・

 

なぜ、モートン病が改善しなかったのか?

“痛みの根本的な原因がどこにあるのかを知る”

これが判っていないと
どんなに良い治療法であっても
意味がありません。

 

モートン病の直接的な原因はと言うと、
『足指(中指と薬指の間)の付け根の部分での神経の圧迫』である。
→詳しくはコチラ

 

それでは、根本的な原因とは何なんでしょう?

 

今回の患者さまの場合、
『股関節の軸のズレ』でした。

股関節の軸のズレがあると、
土踏まずを形成する腓骨筋をうまく使うことが出来ず、
足裏の横アーチ構造が崩れていました。

その結果、歩行バランスが取りづらくなった状態で
歩き続けることにより前述の直接的な原因に繋がります。

 

直接的な原因にアプローチしても
根本的な原因を解決しない限り
痛みなどの症状は改善しません。

 

股関節、骨盤~足裏を調整し、
歩行動作を改善させていくと
「歩いても痛みとしびれが無くなった!」
と、ウォーキングも再開されました。

 

しかし・・・

「ゴルフのスイングをした後だけ痛みが出る」

 

そこで、スイング動作を確認すると
『肩甲骨の動き』に問題がありました。

肩甲骨の動きが骨盤に影響を与えて
症状を再発させていました。

 

『足の歪みから全身を根本改善』で痛みなく運動しましょう!

その後、元の骨格的なズレが出てこないように
筋膜リリースと動作改善を
計画的に施術をすすめていきました。

 

すると、

「ゴルフもウォーキングも問題なし!」

「おまけに何年も前から悩んでいた肩こりも無くなった!」

 

正しい骨格の位置、正しい動き、
これらが改善されたことによって姿勢も良くなり、
結果モートン病だけでなく、
肩こりまで良くなりました。

 

病院、マッサージ、鍼灸院に通っても
改善されない痛みでお悩みの方は、まずはお電話ください。        

「足から全身を根本改善 足専門施術」
 たけむら整骨院
 
大阪市住之江区安立3-9-12

 06-6615-8181