肩が痛くてバレーボールが・・これって五十肩?

肩が痛くてバレーボールが・・これって五十肩?

2017.10.07

こんにちは。大阪市住之江区、阪堺線 我孫子道駅前、
住吉区 住吉大社からもチンチン電車でたったの5分
 『足の歪みから全身を根本改善』のたけむら整骨院です。

 

ママさんバレーをしている30代主婦。

「右腕が上がらなくて、サーブもアタックも打てない」
「右肩が痛くて、レシーブの時に腕を伸ばせない」

初めはバレーボールをしている時だけの痛みだったが、
だんだんと痛みが増えてきて、1か月後には

「シャツを着る時に右肩が痛い」
「右腕が上がらなくて、髪を結べない」

と日常生活や仕事でも支障をきたすようになってきたそうです。

以前にも五十肩のように右肩が痛くて腕が上がらなくなった事があるそうで、
その時はシップだけで治ったが、今回はそれだけでは治らず症状が悪化してきたので
“根本改善したい”と思われて当院のホームページをご覧になられました。

 

肩の痛み・・原因は肩だけじゃない??

身体の状態をチェックすると
右肩甲骨のズレ骨盤のゆがみが顕著にみられました。

これでは運動軸がずれて、肩はスムーズに動かせません。

この状態のまま、無理に動かし続けると
肩関節の筋肉など軟部組織に炎症が起こってしまいます。

まず、これらのズレやゆがみを筋膜リリースで調整。

すると、日常生活ではほとんど痛みは気にならなくなったとの事。

 

しかし、バレーボールをすると・・・

「痛みはなくなったが、サーブを打つときに力が入らない」

肩の動きに引っ掛かりもなくなり、
炎症も治まっているはずなのにどうしてだろう。

立ち姿勢を観察すると、
左足の軸がズレている・・にもかかわらず、左足荷重のくせがありました。

とくに左足はサーブを打つときの軸足になるので、
これが不安定になっていることで足元からの運動連鎖がうまく行われません。

これでは体幹が弱くなり、
サーブを打つときの身体のバランスが崩れやすくなってしまうのです。

足の軸を整えて、体幹がしっかり使えるように
正しい状態・動きを身体にインプットしていきました。

 

『足専門施術』で肩の痛みから解放されましょう!

バレーボールも毎週楽しく出来るようになり、

「サーブも力強くなり、コントロールも良くなった!」

体幹の芯が強くブレなくなったことで、
コントロールも良くなったようですね。

「今までの自分とは別人みたい!」と喜んでいただいてます。

五十肩など肩の痛みでお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

「足から全身を根本改善 足専門施術」
 たけむら整骨院
 
大阪市住之江区安立3-9-12

 06-6615-8181